泉ゆうきのブログ

40歳も後半になり、おそらく人生の半分が過ぎたと思っています。今は何も取り柄の無い只のサラリーマンとして今まで過ごしてきましたが、会社を定年退職するまでに行政書士の資格を取ることが目標でもありますが、その前に力試しで宅建を受験しています。ちなみに2017年、2018年と2度落ちていますので、現在は2019年の合格を目指して猛勉強中です。そのような理由から資格試験合格までのリアルストーリーを中心に、日常の出来事と合わせてブログで綴っています。是非、ご覧ください(^^)

私の部屋の窓は床面積の7分の1以上ありませんでした。

土曜日は、久しぶりに満足のいくまで宅建試験の勉強をすることができました。

 

過去に何度も書かせていただいておりますが、私のブログは「学生時代から成績が悪く、社会人になってからもまともに漢字すら書けず、上司から小学校3年生の漢字ドリルを渡される程なんの常識もない社会人が、現在中年となり、今さらながら定年後は、行政書士になるのを夢見て、まずはその最初のステップとして宅建試験に挑みながらも、案の定過去2回試験に落ち、それでも健気に合格に向けて突き進む姿をリアルに描いていくブログ」なんです。

 

しかし、最近は宅建試験勉強に関するのネタに全く触れていませんので、「あれ?ブログの方向性が変わったのかな?」なんて声は全くいただいておりませんが、今年こそは合格するように、しっかりと宅建試験の勉強はしていますので応援してください。

 

でも正直なところ最近、勉強の集中力にかなりムラがでるようになりました。

仕事が少し忙しくなった事も原因の一つかもしれませんが、今回の土曜日は久しぶりに集中できて満足しています。

 

ちなみに、今回は建築基準法について学習を行ったのですが、その中で「居室の採光」について参考書に書かれていました。

 

実は、入居時からずっと気になっていたのですが、私の部屋「窓が小さいのです。」

 

今回勉強している途中、気になったので窓のサイズを計ると「幅77㎝×高さ127㎝」でした。

ちなみに、部屋の床面積は「287㎝×287㎝」の正方形です。

しかし、正確にはクローゼット部分の出っ張りが「幅150㎝×出っ張り67㎝」あるので、その分を引かないといけないのでしょうか?

 


40代サラリーマンランキング

そして、参考書にはこのように書かれていました。

「住宅の居室、学校の教室、病院の病室等には、採光のための窓そのたの開口部を設け、その最高に有効な面積は、その居室の床面積に対して住宅にあたっては7分の1以上、その他建築物にあたっては5分の1から10分の1までの間において・・・」

 

床の面積 「幅2.87m×奥2.87m=8.24㎡」

窓の面積 「幅0.77m×高1.27m=0.98㎡」

窓の面積  0.98㎡ × 7 = 6.86㎡ < 床の面積8.24㎡

基準より小さくない?

f:id:youtanman3362:20190224211627p:plain


 

クローゼットの部分の引いて計算してみよう!

 

床面積8.24㎡ – クローゼット「1.5m×0.67m=1.00㎡」 =7.24㎡ > 6.86㎡

 

それでも小さい・・・。

 

5年ほど前に、某有名ハウスメーカーが建てた賃貸用のコーポですが、参考書が正しいとすると、ちょっと窓が小さかったようですが、ずっと疑問に思っていた答えが出て良かったです。

 

やっぱり、私の部屋の窓は思った通り小さかったようです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ
にほんブログ村

↑ランキング参加してますので、クリック頂けると嬉しいです。