泉ゆうきのブログ

40歳も後半になり、おそらく人生の半分が過ぎたと思っています。今は何も取り柄の無い只のサラリーマンとして今まで過ごしてきましたが、会社を定年退職するまでに行政書士の資格を取ることが目標でもありますが、その前に力試しで宅建を受験しています。ちなみに2017年、2018年と2度落ちていますので、現在は2019年の合格を目指して猛勉強中です。そのような理由から資格試験合格までのリアルストーリーを中心に、日常の出来事と合わせてブログで綴っています。是非、ご覧ください(^^)

婚姻届けを破られた後輩。

前回のブログでも簡単にお話しさせていただきましたが、私の会社の後輩は、結婚をする予定の彼女の家に居候してます。

昨年末に彼女の両親にもご挨拶に行っており、後輩自身の両親にも彼女を紹介して、一緒に食事をしております。

しかし、あれから一年が過ぎましたが、未だに結婚していません。

後輩は30歳、彼女は年上で34歳だと思います。

もちろん彼女の方は結婚する気満々で、婚約までしているわけですから、当然喜んで友達に結婚の話しをしていることでしょう。

しかし、いつまで経っても結婚に煮え切らない後輩。

そんな煮え切らない後輩は、この一年の間に『クズ』とか、『詐欺師』とか言われ、何度か罵声を浴びせられたこともあるそうです。

そんな後輩が私に「ちょっといいですか?」と話しかけてきたところから始まります。


40代サラリーマンランキング

  • 私:なに?
  • 後:泉さんて、一回離婚されてるじゃないですか。離婚した時ってどういう心境でした?
  • 私:そうねー。離婚の報告を会社にしなきゃいけないと思うのが一番嫌だったかな。
  • 後:そこですか?寂しいとかなかったですか?
  • 私:途中から別居してたからね~。正確に言えば出て行かれたんだけど(笑)
  • 後:でも、今の奥さんと離婚するってことになったら寂しいですよね?
  • 私:いや。既に嫁は「子供が家出たら、あんたと離婚しようかな?」なんて言っているから、また離婚するかもね。でも、人生で2回離婚するってちょっと嫌かな。
  • 後:なんか話し聞いているとあまり参考いならないんですけど・・・。実は、彼女と別れるかもしれないんですよ。
  • 私:まー、そうだろうね。
  • 後:昨日、婚姻届けに印鑑押して、保証人も書いてもらっていて、後は提出するだけの状態だったので、彼女が「明日出してくるよ!」って言ったんです。それを聞いて僕、『ちょ、ちょっとまだ出すの待って』って言ったら、彼女がブチ切れて!「オマエ、こっちがプライド捨ててあれもこれもしてるのにふざけんなよ!」と言って、婚姻届を破ったんです・・・。

f:id:youtanman3362:20181205233416p:plain

  • 私:「心の中で、煮え切らない男やね~(笑)とニヤケル顔を隠すので精一杯」
  • 私:ちなみに彼女のプライドってどのあたりのこと?(多分後輩にとっては的外れは質問をぶつける私)
  • 後:多分、女なのに全部1人で婚姻届け取りに行ったり、保証人に頼んで書いてもらったりというところだと思います。
  • 私:なるほど。で、どうするの?(後は興味本位の質問に変わる)
  • 後:一応、別れると思うと寂しいじゃないですか・・・。
  • 私:まーあなたの人生だから・・・

そして、一日が過ぎ。

 

  • 私:彼女と話した?
  • 後:ほとんど会話ないです。
  • 私:でも、同じ布団で寝てるんでしょ?
  • 後:はい。でもほとんど話してないです。
  • 私:どうするの?
  • 後:結婚すると思います。
  • 私:そうなんだ。
  • 後:結婚しても浮気したかったら浮気すればいいだけの話しじゃないですか!そう考えれば後はなるようになると思います!
  • 私:・・・・。こいつ駄目だ・・・。

 

私は、長い事自分で気がつかないでいましたが、子供のいる家庭を持つことがホントの私自身の夢だったようです。そして、離婚して普通の家庭を持つことの難しさを痛感しました。

人それぞれ結婚に対しての価値観は違うので、何一つ面と向かって否定はしませんが、近年男性の結婚したくない理由としては以下のような心境があるようです。

  1. お金の問題
  2. 結婚して不幸になった友達がいる
  3. まだ遊びたい
  4. 仕事への不安
  5. 子供が欲しくない
  6. 結婚のメリットがわからない
  7. 周りも結婚してないから

 ちなみに後輩の話しっぷりからすると、7番以外全部当てはまるようでした。

さてさて、これからどうなっていくことでしょうか・・・。

 にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

↑ランキング参加してますので、クリック頂けると嬉しいです。