泉ゆうきのブログ

40歳も後半になり、おそらく人生の半分が過ぎたと思っています。今は何も取り柄の無い只のサラリーマンとして今まで過ごしてきましたが、会社を定年退職するまでに行政書士の資格を取ることが目標でもありますが、その前に力試しで宅建を受験しています。ちなみに2017年、2018年、そして2019年とと3度落ちていますので、2020年の合格を目指して猛勉強を始めております。そのような理由から資格試験合格までのリアルストーリーを中心に、日常の出来事と合わせてブログで綴っています。是非、ご覧ください(^^)

将来の夢を語る息子!

4歳の息子が最近、将来の夢を語るようになりました。

“少し前までは、郵便屋さんになる!”と言っていましたが、ある日突然“大きくなったらタコ屋さんになる”と言いただしました。

たこ焼き屋さんのことかいな?と夫婦揃って“たこ焼き屋さん?”と聞くと、“違うよ!タコ屋さんだよ!”と譲りません。

それってどんなお仕事なの?と聞くと、“髪を切るお仕事!”って、「床屋さんかい・・・」と思わずツッコンでしまいました。

 

母親というのは、息子に期待をしてしまうものなのでしょうか。

嫁が息子に、“大きくなって床屋さんでお金稼いだらお母さんに車買ってね!”、“おうち買ってね!”と冗談かホンキかわからずに言うものですから、“いいよ!何でも買ってあげるよ!”と息子も調子に応えてきます。

それを聞いた嫁は“嬉しい!何買ってくれるの?”と問うと、“ママには飛行機買って上げる!”と子供らしく元気応える息子。

それを聞いた僕は、“とーちゃんには何かってくれるの?”と期待して聞いてみると、“チョコレート買って上げる!”とソファーの上であぐらをかきながら、つまらなそうに応える息子。

何故だか3人家族の中で疎外感を感じてしまいました。

 

このブログは宅建試験に合格までのサクセスストーリーを綴ってますが、最近は宅建の話題からズレてばかりです。

でも、しっかり勉強してるので応援してください!

 

そして、ついに7月2日から宅建試験の申込みが始まります。

試験日は、10月21日(日)です。

 

残りちょうど4ヶ月となりましたが、今日はサッカー日本代表の戦いの日なので、サッカー観戦に集中したいと思います。